• 企業情報
  • 事業案内
  • 製品情報
  • 生産・品質管理
  • 安全・環境への取り組み
  • 採用情報

池田興業のあゆみ(沿革)

長い歴史の中で様々な空模様を経験し、克服しながら昇った確かな一段一段。ついに1世紀越え。
明治37年の創業以来、時代を見つめながら発展してきました。
そのしっかりとした基盤の上に、明日への発展をいつも考えています。

  • ・1866年(慶応2年) 創業者 池田源次 高知県高岡郡新荘村(現在の須崎市)の貧しい農家の次男として生まれる。
  • 社章のいわれ
  • 創業当時弊社が最初に仕事を手がけた大日本精糖株式会社の社章の菱形を拝受し、初代社長池田源次「源」を加えて図案化したもので、以来当社の社章となっています。
黎明期成長期成熟期変革期
黎明期 - 創業~礎を築く
・明治37年 当時の大商社、鈴木商店の支配人、金子直吉に認められ、池田組を創立。(門司区大里本町近く)鈴木商店大里製糖所(後の大日本製糖株式会社)にて荷役、営繕工事に従事する。
・大正7年 鈴木商店大里製粉所(後の日本製粉㈱門司工場)、 帝国ビール(後のサッポロビール㈱門司工場)等、9工場に業務を拡大、三井金属鉱業㈱彦島製錬所の建設にともない、下関支店を開設。
・大正14年 帝人株式会社の前身である帝国人造絹絲株式会社が岩国工場を建設するのにともない、岩国支店を開設。
もどる
成長期 - 大いなる飛躍と事業拡大
・昭和2年 合資会社池田組を開設、法人組織とする。
・昭和8年 帝国人造絹絲株式会社、三原工場の建設にともない、三原支店を開設。
・昭和22年 池田泉、代表社員に就任。合資会社池田組を、池田興業合資会社と商号変更。
・昭和25年 朝鮮戦争による資材不足と価格高騰が会社存続の危機をもたらすも、池田泉の私財投入、そして全社員協力の下、会社再建に成功。
・昭和29年 帝国人造絹絲株式会社、松山工場の建設にともない、四国支店を開設。
・昭和36年 本社業務より現業部門を独立させ、門司支店を開設。輸送の拠点として茨木市に大阪支店を開設。帝人製機株式会社、垂井工場の建設にともない、岐阜支店を開設。
・昭和37年 松山地区の自動車整備を目的として、株式会社和泉モータースを設立。
・昭和41年 輸送拠点として神奈川支店を開設。岩国支店に於て通関業務を開始。
・昭和42年 帝人株式会社徳山工場建設のともない、徳山支店を開設。輸入青果、木材、穀類の燻蒸を目的として帝人化成株式会社との折半出資による池田防疫興業株式会社を設立。
もどる
成熟期 - 全国輸送ネットワークから世界へ
・昭和45年 組織の変更により池田興業株式会社として新発足。(資本金 4,992万円) 業務の拡充にともない、名古屋、北陸支店開設。
・昭和46年 広島事業所開設。
・昭和47年 商事部門を発足させ、池田商事株式会社を設立。
・昭和49年 タイ帝人(TPL)の物流部門に技術援助を目的とし、タイにサイアム・マルチ・サービス(SMS)を設立。
・昭和50年 広島県福山市に福山営業所を開設。岡山事業所を開設。
・昭和53年 神戸市生田区に神戸事業所を開設。埼玉県大宮市に埼玉事業所を開設。
・昭和56年 仙台事業所設置。
・昭和57年 本社社屋改築。
・昭和58年 宇都宮支店開設。
・昭和59年 東京営業部、富山営業所。タイにイケダ・タイランド(ITC)を設立。
・昭和60年 岡山県津山市に津山営業所を開設。
もどる
変革期 - さらなる可能性への挑戦
・昭和63年 池田弘が代表取締役社長に就任。前社長池田泉が代表取締役会長に就任。
・平成2年 滋賀県愛知郡に滋賀事業所を開設。
・平成3年 三重県津市に津営業所を開設。
・平成4年 福井県福井市に福井営業所を開設。
・平成9年 日本製粉株式会社神戸甲南工場の作業請負にともない、甲南フードワークス株式会社に資本参加(資本金1,000万円)。
・平成14年 三島営業所を開設。
・平成16年 創立100周年。インドネシアにPT.イケダインドネシアを設立。
・平成17年 焼成、乾燥キルン並びに付帯工事の設計施工を目的としてキルン事業室を開設。燻蒸用薬品の仕入れ販売、庫外投薬機の製造販売を目的として燻蒸事業部を開設。
・平成19年 金を1億円に増資。千葉県市原市に千葉営業所を開設。支店ブロック制の導入
・平成22年 池田哲が代表取締役社長に就任。物流・建設・管理3本部制を導入。前社長池田弘が名誉会長に就任。 キャリアテックを100%子会社化。
・平成23年 大阪本社開設(2本社制を導入)池田商事株式会社を吸収合併し、空調家電事業部を開設 池田貿易興業、和泉モータースを100%子会社化。
・平成24年 グループ決算を海外を含め3月末に統一。
・平成25年 本社4本部制を導入。安全部にてBCPを構築。
・平成26年 有限会社M&Eソリューションに資本参加(300万円) 千葉家行書を開設 創立110周年。
もどる

関連企業